読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やる気になった人だけが勝つ

いつもブログへご来訪ありがとうございます。

「仕事ができない」と思われる人を一人でも世の中から減らしたいHideoです。

 

誘惑を断ちきるには?

仕事が終わると誘惑が一杯です。私の場合は帰り道にあるパチンコ・スロット、映画館、買い物、飲み屋さん、家に帰るとテレビや動画サイト・・・。

 

自分は今何をやらないといけないのか分かっていても腰が重い。自分も同じです。誘惑を断ちきらないと掲げた目標を達成することは非常に難しくなってしまいます。

 

こんな時に一般的に言われるやる気を出すやり方はこんな感じです。

・部屋や机を片付ける

・とりあえず本を開く、勉強を開始する

・仲間と一緒にやってみる

・短時間だけでも時間を決めてやってみる

 

こういった類いの本を読んだりして色々試すと、それなりに効果はありました。でも、何もしたくなる日がある。そして、何もしない日が1日でもあると何もしない日が続いてしまう・・・。

 

強制的に逃げられない環境つくりは?

それは仲間を作る、トレーナーをつける、最近で言えばライザップですね。トレーナーをつけて強制的にダイエット・筋トレをする環境を作る。私は正直こういうのは苦手です。自分のリズムは自分で決めたい。さすがにプライベートで人に自分の時間を管理されると私の場合ストレスがかかってしまいます。

 

超絶ストイックな人たち

私は学生時代1日10時間勉強を2年間続けていました。1日10時間といっても慣れるとそこまで苦痛ではなくなります。難易度の高い資格試験を目指していたこともあり超絶ストイックな方々に囲まれていたからできていたのだと思います。そんな方々と友達になり分かったことは「同じように誘惑に惑わされている」ということです。それでは、なぜ誘惑に負けずに貪欲に目標に向かって前に進んでいけるかのか。

 

目標を掲げた理由が明確かどうか

ビジネス本を読みあさる必要はございません。「なぜ自分はその目標を掲げ、実行しないといけないのか」を考えることです。色々な誘惑があるなか、やる気が起こらない時にコーヒーでも飲みながらゆっくり考えてみましょう。

 

私の場合は、「英語の勉強」でした。3年後にはグローバルな仕事ができる自分になる。そうなっておかないと自分のキャリアの可能性は狭くなり、仮に転職を考えた場合、応募すらできない、そのために英語をビジネスレベルで使えるレベルまで引き上げることが目標でした。

 

英語の勉強なんてちょっと勉強したところで力がつかないので大変です。でも、大変なことだからこそ頑張り続ければ良いことが待っていると信じています。その結果、私は世界に29拠点を持つグローバルな東証一部上場メーカーへ転職することができました。

 

誘惑に勝っていこう

めんどくさいこと、楽しいことの誘惑に負けないで!楽しむ時は楽しめばいいんです。やることはやればいいんです。

【スポンサードリンク】