【スポンサードリンク】
 

仕事ができるようになるために心がけたこと

誰もが日々仕事をする中で心がけていることはあると思いますが、あなたは一番何を心がけていますでしょうか?

私はとにかく即断即決できるようにすることを心がけています。情報は即断即決できるようにまとめたり、報告書も即断即決していただけるように考えて作成しています。「無駄に自分でボールを持ち続けない」ことが仕事のスピードアップになると考えています。

仕事が溜まっていく悪循環を断ちきろう

仕事ができないというレッテルを貼られていた頃はとにかく仕事が溜まっていきました。昨日の仕事は終わっていないのに、朝メールを開くと新たな仕事がどんどん増え

続け、更に朝のミーティングでは上司から新しい仕事を振られる、その結果、優先順位をうまくつけれなくなり結局仕事が終わらずに社内、社外からクレームの嵐になってしまい、そのクレーム対応もまた新たな仕事になってしまいます。こういった日々が続くと山のように仕事が積み上がり全ての仕事が優先順位が高くなり、どれから手をつけたら良いのか分からず、どの仕事も気になり仕事を処理するスピードが落ちてしまいます。仕事に追われることは非常に疲れます。その結果、ダラダラする時間が生まれ集中力もなくなってしまう。これが以前の私の悪循環、つまり、負のスパイラルです。

即断即決する癖をつけよう

なぜ自分は仕事が遅いんだろう?仕事が溜まってしまうのだろう?そして、気づいた事は、「何をどうするか決めることができていなかった」ということでした。結局時間をかけても出てきた答えに大きな差はなく、すぐに行動に移した方が良い結果に繋がった経験をお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか?最初の方は、即断即決して仕事を進めていくのは、「十分に考えることができていないのではないか」と正直怖わかったですが、それは不必要な

心配であったことがすぐに分かりました。

ホウ・レン・ソウが大切

即断即決にはホウレンソウがカギとなります。都度、できていれば大きく道を外すことはほぼありません。仮に大きく道を外す場合、止められます。

 

「私はこの件についてこう考えますのでこう進めていきたいと考えますが宜しいでしょうか。」これが報告です。

 

「この件についてこのような反応がございました。引き続き当初の予定で進めていきます」これが連絡です。

 

「この件についてこういう課題が発生し資料をまとめました。ご意見、アドバイスをいただくお時間をいただけないでしょうか。」これが相談です。

一気に仕事を終わらせよう

溜まった仕事は即断即決で一気に仕事を終わらせていきましょう。仕事の質よりもスピードです。そもそも仕事が溜まっている時点で質を求めている余裕はございません。前傾姿勢で戦える姿勢になってから仕事の質を高める努力をしていきましょう。いくらでも挽回可能です。

【スポンサードリンク】