【スポンサードリンク】
 

やりたいこと探しはいい加減にやめるが吉

いつもブログへご来訪いただきありがとうございます。

「仕事ができない」と思われる人の少しでもお力になりたいHideoです。

年が明け早い人は就職活動に向けて準備を始めた方もいらっしゃることでしょう。就職活動といえば何を思い浮かべますか?「自己分析」「企業研究」「面接対策」などがあるかと思いますが、考えすぎて行動していないと間違いなく失敗することでしょう。

現に私は考えてばかりで行動が遅れてしまい失敗からスタートでした。

やりたいこと探しは止めよう

「自分がやりたいことってなんだろう?」これを考えすぎるとドツボにはまります。そもそもやりたいことを仕事にできている人なんてごく一部の方です。OB・OG訪問、会社説明会に足を運ぶなどをして心で感じましょう。「自分がやりたいこと」

は考えるものではなく感じるものだと考えています。直接会って話す機会があれば率直に「仕事は楽しいですか?どんなことにやりがいを感じていますか」と聞いて見ましょう。「上辺だけのいかにも企業の評判を落とさないような返事」が返ってくると思います。「辛いこと、大変なこと」を話してくれたならその方の話は信用に値するでしょう。厳しい意見を言ってくださる方も大切な存在です。自分を見つめ直し謙虚に行動していきましょう。

 

「自分がやりたいことが見つからない」こう悩んでいるならばその悩みは不要です。世の中のほとんどの方はやりたい事を仕事にできていません。それは至って普通なことなので悩む必要も恥じる必要もありません。

尊敬できる先輩・上司に囲まれると成長スピードが上がる

私は新卒入社で7年間勤めた会社から転職し現在転職2年目です自分がやりたい事に絞り、それを実現するために転職しましたが、まあ自分がやりたいことを仕事にすることはできていません。転職して2年間経って思うことは、やりたいことを仕事にするより、どういう人と一緒に働くかの方が大切だと思います。

心から尊敬できる先輩や上司と働いていると仕事にやりがいが生まれます。やりがいが生まれた結果、仕事を好きになります。仕事を好きになった結果、自分のやりたい仕事に近づくものだと思っています。

 

悪気がなくても自分を潰そうとしている上司、先輩がいる環境で働くのは心にも体にも良くありません。機会を見て異動願いを出すべきでしょう。耐えて病気になってしまえば何をしているのか訳が分からなくなります。自分の意見・要望を出すのは勇気がいることですが、自分を守るためにもしっかりと自分の意見を言っていきましょう。

 

【スポンサードリンク】