読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを始めて感じたメリット3つをまとめてみたという話

こんにちは、Hideoです。メンタル疾患になった当初はブログを書く余裕、パワーはありませんでしたが少しづつ色々なことに興味を持つことができるようになりました。また、同じような悩みを抱えている方ともtwitterなどを通して知り合うこともでき非常に嬉しいです。

 

ブログを書いていて思うことは、本当に良いサービスだなと思います。私は独自ドメインを作りましたが、何もかも無料で作成することができます。ブログを書いている人はブログって素晴らしいサービスだなと感じている方が多いのではないでしょうか。

 

私がブログを始めて1ケ月経ちブログを始めて良かった点をまとめましたので、宜しければお読みください。

悩みが軽くなる

私は悩みが軽くなりました。なぜ悩んでいるのかを文章で書き出したことが良い点なんだと思います。でも、最初は非常に辛かったです。自分の悩みに向き合うって辛いものです。吐き気をもよおしたこともありました。でも、自分が書いた記事が「読んで心が楽になりました」「同じような悩みと戦っています」などの声を聞くと不思議と心が軽くなってきました。自分が何で悩んでいるのかも整理できてきた証拠なのかもしれません。

 

人間関係の幅が広がった

社会人になると交流の幅が一気に狭くなります。会社と家の往復が日常となり結婚すると休日も家族と過ごすことになるので新しい友人作りは非常に難しくなります。

でも休職をきっかっけにブログを始めたことでネット上の付き合いですが人間関係の幅が広がりました。

 

メンタル疾患で体も疲れやすく長距離の移動はできませんが体調が回復すれば色々な方とリアルに交流したいという気持ちもブログのお陰で湧いてきました。「休職した当初は誰とも会いたくない」と考えていたので大きな進歩だと思います。もっと読者の方と関わりたいとも思っています。

文章力を鍛えることができる

自分が思っていることを中々文章化することはありませんでしたが、ブログを書き出して紙にも自分の思うことを書き出す癖がついてきました。まだまだ経験が浅く読みづらい点もあるかと思いますが、しっかりした文章を書き続けることで、文章力を鍛えていきたいと考えています。

 

目標は月間10万PV

「パワハラの正しい認識を広めたい」、「パワハラが横行する世の中を変えたい」「パワハラを受けている人の力になりたい」こういった思いでブログを始めました。そのためには見ていただくPVを増やすことだと考えています。パワハラを受けた経験を武器に真剣にブログ運営に取り組みます。(まだまだ卵から孵化していないレベルです笑)

 

多くの方に見ていただくために本日も記事を更新致しました。

【スポンサードリンク】