読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キンコン西野氏著作「魔法のコンパス」を読んでブログ運営の考え方を学んだという話

こんにちや、Hideoです。先日、テレビで知ったキンコン西野さんのビジネス書「魔法のコンパス」を読了しました。

キンコン西野さんの思いや行動がうまく整理された良書でした。

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

引用元:amazon.co.jp

キンコン西野氏の活動内容

西野亮廣 (にしの・あきひろ)

1980年兵庫県生まれ。1999年梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。活動はお笑いだけにとどまらず、3冊の絵本執筆、ソロトークライブや舞台の脚本執筆を手がけ、海外でも個展やライブ活動を行う。

また、2015年には“世界の恥"と言われた渋谷のハロウィン翌日のゴミ問題の娯楽化を提案。区長や一部企業、約500人の一般人を巻きこむ異例の課題解決法が評価され、広告賞を受賞した。

その他、クリエイター顔負けの「街づくり企画」、「世界一楽しい学校作り」など未来を見据えたエンタメを生み出し、注目を集めている。2016年、東証マザーズ上場企業『株式会社クラウドワークス』の“デタラメ顧問"に就任

 

 

私はナインティナインが好きで、それに芸風が似たコンビだなという印象が第一印象でした。それ以上でもそれ以下でもなかったのですが、先日テレビで絵描きを始めたことを知ったのと、周囲から反対や嫌み、嫌がらせがあったとインタビューで話をされていました。

渋谷のハロウィンで出たゴミを集める活動の「渋谷ゴーストバスターズ」、ネットで無料配信を始めた「えんとつ町のプペル」など、これは西野さんが考えた戦略に基づいた行動であったことを理解し始めることができました。

 

その行動の核となったものは何なのか「魔法のコンパス」にはそのポイントがしっかりと書かれていました。

 

ブログ運営について

私は「パワハラ被害を受けて休職をした経験」をブログに書いて発信していますが、結局のところ共感していただける方、応援いただく方、時には異なる意見を言っていただく方がいないと誰もいない砂漠で叫んでいるようなものです。社会に繋がる導線を作る必要があるということです。

 

そのためには、同じようにパワハラ被害をなくしたいと考える人とのネットワークを拡げることが一つの方法だと考えています。チームを作ることです。幸いなことに今の時代はtwitterやFacebookもありネットでの繋がりを拡げることは容易となりました。

 

ブログを書くことは大変です。でも、それを続けることができればチームが拡がり情報を多くの方に発信できるようになると思っています。

 

もう一度魔法のコンパス読んでみよう。

 

魔法のコンパス

◆目次◆

1章 向かい風はボーナスチャンス!
2章 お金の話をしよう
3章 革命の起こし方
4章 未来の話をしよう

【スポンサードリンク】