【スポンサードリンク】
 

ジムで浮かない服装の選び方について スポーツジムに通う方向け

  • f:id:gastonmero:20170213215605j:plain
  • こんにちは、Hideoです。このブログに来ていただいたあなたは「ジムに行く時の服装って何を準備すれば良いのか」を考えているのではないでしょうか。
  • 初めてジムに通う時、ジムで自分の服装が浮かないか不安だったことを思い出します。
  • でも、メンズの方も女性の方も不安になる心配はございません。
  • ジムでの服装のポイントは「清潔感」です。周りを不快にさせるような服装でない限り、基本何でも服装はOKです。
  • 今回は、これからジムに通う方向けに服装の考え方を中心にご案内致します。手頃な価格帯のユニクロで準備する方も多いです。
  • ジムに絶対必要なもの2つ

  • ジムに通う方はウェアとシューズは必ず必要です。 あった方が良いものはタオル、ドリンク、着替えです。私が住んでいる地域にあるジムでは屋内用のシューズが必須でした。
  • 運動用のシューズであれば基本どんなシューズでも大丈夫です。サンダルはNGです。
  • 基本的に動きやすい服装であれば何でも良いでしょう。ジーンズやチノパンの服装でトレーニングしている人は見かけたことがありません。

ウェア(上)

ジムは温度管理されているので半袖Tシャツがオススメの服装です。冬でも寒くありません。寒さが気になる人は、Tシャツの上から羽織れるもの(パーカー、ジャージ)を用意しておいた方が良いと思います。運動をすると汗をかきますので速乾性の生地がオススメですが、素材にこだわる必要はありません。色は何でも良いですが、汗をかいた時に下着が透けることが気になる方は注意して選びましょう。

ウェア(下)

ジャージ素材のハーフパンツが動きやすくてジムではオススメです。ロングパンツでも良いですが、ハーフパンツの方が動きやすいと思います。筋トレではなくランニングマシンをメインに考えている人は陸上競技やランニング用のパンツもあります。

 

女性の方は肌の露出が気になる方はスポーツ用のサポートタイツもありますのでハーフパンツの下に履く方もいらっしゃいます。

 

男性でももちろんオススメです。履いてみると衣類と肌の間に1枚タイツがあれば汗のベトツキが少ないです。

 

膝や腰をサポートしてくれるものや、疲労回復の効果があるものなどもあり、色々な服装を調べてみると面白いですよ。ここ数年でオシャレなデザインのものが増えてきました。

靴下

短パンであればくるぶしソックスの方が見た目はカッコイイですね。ジムで走ることがメインの方は陸上用のソックスもありますので一度履いてみると、普通の靴下との違いと良さが分かると思います。とても走りやすいです。

シューズ

スポーツブランドのランニングシューズであれば何でも大丈夫です。初めてランニングシューズを購入する方はネットで購入せずにスポーツ店で試着してサイズが問題ないか実際に確認してみることをオススメします。

店員さんにジムに通うことを考えていることを伝えれば、「初心者向け」「ベーシックモデル」というものを勧められると思います。高価なものもありますが、それはレース用の場合、靴底が薄く膝や足首への負担が大きいので辞めておいた方が無難でしょう。

レースに出場する人は薄さを求めて高価な素材のものを購入しますが、それはレース用ですので耐久性も脆く数回で使い捨てにするものもあります。そういったものは購入しないよう注意してください。

<注意>

ブランドによって同じサイズでも大きさは多少異なります。必ず試着しましょう。アシックス、ミズノは日本人に多いワイドなタイプが多く、ナイキやアディダスは細めのタイプが多いです。同じブランドでもモデルによって差もありますので自分の足にあったものを選ばれた方が良いでしょう。

ジムでの運動別 服装の選び方

ジムには様々な運動の仕方があります。あなたがジムで何をしたいかによってオススメのウェアも変わってきますので下記を参考に考えてみてください。

こんな運動の仕方があります

  • 有酸素運動系・・・ルームランナー、エアロバイク等
  • スタジオ系・・・ヨガやダンスなど(スタジオがあるジムに)
  • マシーン系・・・筋トレ用のマシン
  • フリーウェイト系・・・自分で重さを調整できるバーベルやダンベルなど

有酸素運動系

こちらはとても汗をかきます。ウェアは速乾性のある服装の方が快適です。また、運動後も体が冷えにくいこともオススメのポイントです。汗拭き用のタオルと水分補給用のドリンクも忘れないようにしてください。運動後の着替えも必須です。

スタジオ

リズムに合わせて体を動かすことが多いです。こちらも汗をかきやすい運動が多いですが、自分の好みによってダンスをするのかヨガをするのか選べますので柔軟に服装は選びましょう。足を高く上げたり飛んだりすることもあるので屋内用のスポーツシューズの中でもバレーボールやバスケットボール用のシューズの方が良い場合もあります。

マシントレーニング系

こちらはタオルが必須の場合が多いです。

私が通っているジムでは使用後に必ず汗を拭き取らないといけないルールがあります。マシントレーニングを考えている方は機器の使い方を教えてもらう時にジムのルールを教えてもらいましょう。私は知らずに注意して覚えました。

フリーウェイト系

ダンベルや重さを変えて自在にトレーニングができるのをフリーウェイト系と言います。こちらは上級者用なので今回は説明を省きます。

まとめ

基本的に服装は何でもOKです。通うジムでのルールを守るように心がけてください。楽しく運動できればモチベーションも上がりますし効果はドンドン目に見えてくることでしょう

運動後にはプロテインを飲むこともオススメです。

www.shigoto-memo.xyz

【スポンサードリンク】